宅配水サービスと電気代

宅配水を利用するようになって、暮らしが楽になったという方はたくさんいるようです。私自身、約半年間利用させてもらっていますが不便を感じた事はありませんし、以前より家で過ごす事が楽しくなったように感じます。


宅配水とウォーターサーバー

宅配水サービスは、水を自宅に宅配するだけのサービスではありません。レンタル、もしくは購入してウォーターサーバーを利用する事ができます。このウォーターサーバーはオフィスやクリニックで見かけるタイプのものと全く一緒の性能のものです。冷水と熱湯をレバー操作するだけで、待たされる事なく瞬時に使用する事が可能です。ウォーターサーバーは電化製品でるので勿論、電気料金が発生します。


電気ポットとの比較

ウォーターサーバーの電気料金は、どの会社も1000円程度だと言われています。これは、家庭に広く普及している電気ポットと同じくらいです。電気ポットは熱湯専用として作られていますが、宅配水のウォーターサーバーは冷水(3~8℃)と熱湯(85~90℃)のどちらも利用できるため、全体の費用に対するパフォーマンスが高い、もしくは人気のあるウォーターサーバーに切り替える方が増えています。またこれは余談ではありますが、サーバーの主電源は衛生維持の為、小まめに消す事はできませんが他の電化製品の待機電力のカット分だけでも毎月1000円の節約になるというデータもあります。是非取り組んでみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.