宅配水の配達エリアを知ろう

宅配水の利用は都市部での利用が多いようですが、配達エリアはもっと広い範囲となっています。宅配水の利用を考えたのなら、まずは自分の家が配達可能かどうかを調べてみましょう。


宅配水の配達可能エリアは?

宅配水の水のボトルは、実は1つ12㎏も重さがあります。同じ量の水を自分で家まで運ぼうと思ったら案外大変なもので、女性やお年寄りにとってはさらに困難を極めます。そのため、そんなに重たいものを家まで届けてくれるというのも、宅配水のメリットの一つといえるでしょう。しかし、利用しようにも配達エリアに自分の家が入っていなければ届けられないので、事前に調べておくことが必要です。とはいえ、現在ではほとんどの会社が日本中への配達を可能としています。ただし、一部例外となっているエリアとして沖縄や一部の離島、場合によっては北海道は配達が出来ない可能性がありますので、注意しましょう。


不在の時はどうなるのでしょうか?

各社HPのよくある質問コーナーをチェックしてみたところ、マンションなどで不在の場合は、ポストに不在票を投函しておいてくれるのが基本となっているようです。そして、改めて配送の日時を連絡することで再配達を受け付けてくれるようなので安心して利用ができる仕組みとなっています。

Comments are closed.