宅配水と殺菌方法

宅配水を利用されている方の声によく、水道水と違ってカルキの臭いがしない事、つまり塩素の臭いがしないから飲んだ時に美味しい、といった内容があります。しかしそもそも水道水にカルキ臭がするのは安全面を考慮し、消毒の目的で塩素が混入されている事にあります。では宅配水の水はどのようにして塩素を使わず安全な水を提供しているのでしょうか。


宅配水の加熱殺菌処理

宅配水が安全で尚且つ塩素の臭いがしない水を提供できる方法はいくつかありますが、その中でも最もポピュラーなのが天然水に熱処理を加えた方法です。基本的には「85度以上の温度で30分以上もしくは同等の熱量を加えたもの」というルールが業界全体で決まっており、それに従い各社は熱処理を行っています。加熱処理する事で水のミネラルや旨みが多少損なわれてしまう難点がありましたが、最近では超高熱による短時間処理の普及で基準を満たしつつ良い成分のロスを極小にとどめる事に成功しています。


加熱処理と塩素以外の殺菌方法

また宅配水には熱処理の他に無加熱による殺菌処理がいくつか存在します。例えばオゾンを利用した殺菌や、高性能のフィルターを利用した殺菌が実用化されており熱処理の難点であるミネラルのロスを抑える事に成功しています。ただ、ミネラルこそ失われないもののこれらの殺菌方法は、人体にとって有効な菌類も全て排除してしまう為、加熱処理と非加熱処理のどちらにも長短がある形になります。

Comments are closed.